BLOG

ブログ

宇美町 町制施行100周年

当法人粕屋オフィスは、福岡県糟屋郡粕屋町にあります。

同じ糟屋郡の宇美町が、本年(2020年)10月20日をもちまして,町制施行100周年という大きな節目を迎えられるとのことです。

町のホームページでは、100日前からカウントダウンをする「カウントダウン100」がスタートしていて、連日、宇美町にゆかりのある事業者の方や、町民の方々撮影した写真が掲載されています。

本日8月28日時点で、100周年まであと53日です。

宇美町は、大正9年(1920年)に、当時の宇美村、炭焼村、井野村、四王寺村が合併して宇美町となりました。

宇美八幡宮には、安産祈願やお礼参りに多くの方が参拝されており、境内には、樹齢二千年以上と推定される国指定天然記念物の2本の老大樟(くすのき)「湯蓋の森」と「衣掛の森」を始め、緑が生い茂っています。

私も、数年前に妻が子どもを授かったときに参拝して、境内の社に積まれた「子安の石」を“お産の鎮め”として預かって持ち帰り、出産後に、別の新しい石に産まれた子どもの名前等を記して、健やかなる成長を願い、お礼参り後に、預かった石と一緒に納めました。

地名の由来には、諸説あるようですが、應神天皇がこの地で誕生されたことから「産」が宇美になったという説や、「魏志倭人伝」に記されている「不彌(ふみ)国」から宇美になったという説があるそうです。

11月に予定されていた記念式典は、感染拡大防止のために中止を決断されたようですが、宇美町や町民の方々が企画した記念事業やイベントが実施されています。

当法人粕屋オフィスとしましても、宇美町地域交流センター(うみ・みらい館)をはじめ、糟屋郡内にて定期的に開催している巡回相談会など、微力ながら尽力していまいる所存であります。

町制100周年という節目を心よりお祝い申し上げますとともに、今後のさらなる発展をお祈りいたします。

 

弁護士 髙本 稔久(粕屋オフィス)

Comments are closed.