BLOG

ブログ

あさくら2018~初夏編③~

昨年の九州北部豪雨災害の発生から、もうすぐ季節がひと巡りしようとしています。前回、前々回につづき、朝倉オフィスから、朝倉地域の今、そしてこれからをお届けします(初夏編最終回)。


朝倉市菱野の三連水車が回り始めたことを知り、さっそく見に行ってきました。
地元で生まれ育った私は小さいころから見慣れているせいか、今でも水車といえばそうやって普通にあるものじゃないか?と思ってしまいますが、日本最古の実働する水車だそうです。そうなると、グルグル回る姿もとても誇らしく見えてきます。昨夏の豪雨の時には土砂と流木で埋もれてしまいましたが、多くの方々の力で見事によみがえりました。これまでの御支援に朝倉の一市民として、改めて御礼申し上げます。
毎度ながら、近くで見ると想像以上の大きさと水量で、迫力があります。
ふりかえって周囲を見渡すと、広々とした土地で田植が始まっていました。この水車が、10月中旬頃まで農地をうるおす役目を果たします。三連水車がクローズアップされますが、すぐ近くには、ちょっとかわいらしい二連水車も回っているんですよ♪
お盆の時期には夜間のライトアップもされるそうです。たくさんの帰省、観光の皆さんで賑わってほしいと願っています。
三連水車からもう少し日田方面へ行ったところにある「原鶴温泉」では、夏の風物詩である、筑後川での「鵜飼い」が始まっています。こちらもぜひお越しになってはいかがでしょうか。
三連水車・鵜飼い情報は朝倉市または、あさくら観光協会のホームページに掲載されています。

朝倉市
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1297835328630/index.html
あさくら観光協会
http://amagiasakura.net/


朝倉オフィス事務局

(6/18朝倉オフィス事務局撮影)
20180618%e4%b8%89%e9%80%a3%e6%b0%b4%e8%bb%8a

Comments are closed.