LAWYER

弁護士紹介

髙本 稔久

髙本 稔久

TOSHIHISA TAKAMOTO

一覧に戻る

出身地

熊本県

略歴

2007年 熊本県立天草高等学校卒業
2011年 熊本大学法学部卒業
2013年 九州大学法科大学院卒業
2014年 弁護士登録

得意分野・力を
入れている事件

貸金請求、交通事故、契約トラブル、負債整理、相続・離婚等の家事事件、医療過誤調査・訴訟等の医療事件、警察に逮捕された方の刑事弁護事件等、幅広い案件を取り扱っています。

消費者問題にも日々、研鑽を積んでいるところですが、とりわけ、糟屋郡内の消費生活相談窓口や自立支援相談窓口などからの協力要請等には、相談者の不安や被害をなくす、拡大させない、ために即時に対応できるようにしています。

現在は、吉野ヶ里メガソーラー発電所の移転を求める佐賀県住民訴訟弁護団、嘉麻市熊ヶ畑産廃訴訟弁護団、ハンセン病家族訴訟弁護団にも所属して取り組んでいます。

所属団体
または実績等

  • 九州・山口医療問題研究会
  • NPO法人患者の権利オンブズマン(法律専門相談員)
  • 福岡県消費生活センター 法律相談専門相談員(2018年~現在)
  • 公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会カウンセラー(2019年~現在)
  • 福岡クレジットリース被害研究会
  • 嘉麻市熊ケ畑産廃訴訟弁護団
  • ハンセン病家族訴訟弁護団
  • ゴルフスタジアム被害対策弁護団
  • 福岡県弁護士会 消費者委員会
  • 福岡県弁護士会 子どもの権利委員会
  • 福岡県弁護士会 人権擁護委員会
  • 粕屋町給食センター住民訴訟弁護団

メッセージ

困っている方の笑顔を取り戻すことが出来る弁護士という仕事に憧れて、弁護士を志望しました。市民の駆け込み寺を担うという事務所理念のもと、精進してまいりますので、宜しくお願いいたします。

「弁護士に相談することに抵抗がある」「上手く悩みを説明できるか」「泣き寝入りした方が良いのかも」など、不安を多く抱えていると思います。安心して問題解決に関係のありそうなことを全てお話しください。 皆様のその状況や思いと真摯に向き合い、法律のプロ・トラブル解決の専門家として、誠実に、多角的な視点から問題の解決のお手伝いをいたします。

趣味

日帰り旅が趣味です。列車から途中下車して駅周辺を散策するのが好きです。