LAWYER

弁護士紹介

池永 修

池永 修

OSAMU IKENAGA

一覧に戻る

出身地

福岡県

略歴

1994年 福岡県立福岡高等学校卒業
1999年 九州大学法学部卒業
2007年 弁護士登録

得意分野・力を
入れている事件

弁護士過疎地域のオフィス勤務の経験から、お寄せいただいたお悩みに対しては分野にかかわらず、ワンストップで対応することを心がけてきました。

そのため、個人・事業者の負債整理や中小企業の倒産処理、離婚・遺産分割などの家事事件、不動産トラブルなどの一般民事事件、労使紛争、境界紛争、刑事事件など幅広く経験してきましたが、特徴的な分野としては、医療過誤事件や介護事件、欠陥建築事件、対行政事件など法人全体に寄せられる専門事件の多くにかかわってきましたので、標準的な弁護士と比べるとかなりの案件を経験してきたのではないかと思います。

所属する団体

  • 原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団
  • よみがえれ!有明訴訟弁護団
  • 吉野ヶ里メガソーラー発電所の移転を求める佐賀県住民訴訟弁護団(事務局長)
  • 原発労災梅田裁判弁護団(事務局長)
  • 九州避難者訴訟弁護団
  • 全国B型肝炎訴訟弁護団
  • 年金切り下げ違憲訴訟弁護団
  • マイナンバー違憲訴訟弁護団
  • 嘉麻市熊ケ畑産廃訴訟弁護団
  • 生の松原景観訴訟弁護団
  • NPO法人患者の権利オンブズマン(法律専門相談員)
  • 九州・山口医療問題研究会
  • 福岡・住環境を守る会(代表世話人)
  • 脱原発・自然エネルギーを求める朝倉住民の会(共同代表)
  • かすやのエネルギー問題を考える会(代表)
  • NPO法人九州アドボカシーセンター(運営委員)

メッセージ

法律事務所朝倉オフィスの弁護士池永修です。弁護士登録後、法律事務所宗像オフィスに勤務した後、福岡市内の本部オフィス(旧・法律事務所池永オフィス)で勤務してきました。

宗像オフィスでは一般民事事件をはじめ、労働事件や離婚事件、遺産分割事件などの家事事件、負債整理、刑事事件などを幅広く経験し、本部オフィスでは医療過誤事件、介護過誤事件、建築事件、環境事件、対行政事件など専門領域の事件を中心に手掛けてきました。

2016年1月より朝倉オフィスに赴任することになりましたが、自然豊かな朝倉オフィスで執務することは長年の悲願でもありました。地域の駆け込み寺になるという弁護士を志した原点に立ち返り、皆様の様々な悩みにワンストップでお応えできるよう努力して参ります。

また、医療過誤事件や欠陥建築事件といったいわゆる都市型の専門事件についても、本部オフィス在籍中に培った経験を活かして、これまでどおり積極的に取り組みたいと考えています。

どのような困難な問題があっても地域の身近な弁護士に安心して相談できる、そのような法律事務所を目指しています。どうぞ宜しくお願いいたします。

趣味

週に一度は子どもたちと一緒に食事をし、スーパー銭湯に行くことが努力目標になっています。ほぼ活動停止状態ですが福岡県弁護士会釣り部(非公認)にも所属しています。