SERVICE

取扱い事件

社会的に意義のある活動

原発なくそう!九州玄海訴訟

福島原発事故をきっかけに、全国の原発廃炉を求める一歩として、佐賀地方裁判所に提起された玄海原発の廃止を求める訴訟です。福島原発事故という未曽有の被害を経験した日本で、原発と人類は共存できるのか、フクシマを2度と起こさないためにはどうするのかという、フクシマを真正面から捉え原発の本質的危険性を正面から見据えた訴訟が求められているという問題意識をもとに、玄海原発のすべての稼働停止、国策民営という特質から九電とともに国も被告として提起し、弁護団と1万人を超える原告とで一緒に訴訟を闘っています。

私たちは脱原発社会を実現するために、この裁判へ多くの方の参加を呼び掛けています。原発が過酷事故を起こせば誰でも被害者となりえますので、裁判にはどなたでも参加いただくことができます。詳細については、弁護団のホームページをご覧下さい。

原発労災梅田裁判

現在報道されている福島第一原発だけではなく、これまで全国の原発において、定期点検等のために、多くの下請け労働者が過酷な被ばく労働に従事してきました。福岡市在住の梅田隆亮さんは、昭和54年、配管工として島根原発と敦賀原発の定期検査業務に従事しましたが、そこでは安全教育などほとんど行われることなく、全国からかき集められた下請け労働者たちは、計器類を他の労働者に預け、放射性物質が飛び交う劣悪な労働条件のなかマスクすら着用することなく危険な被ばく労働に従事していました。

間もなく梅田さんは、原因不明の鼻出血や吐き気、めまい、全身倦怠感などを発症し、内部被ばくをしていることが確認されました。しかし、労災申請の準備を始めた梅田さんのもとには元請会社などからの脅迫や圧力が相次ぎ、梅田さんは労災申請を断念せざるを得ませんでした。その後も梅田さんは『ぶらぶら病』の諸症状に悩まされ続け、平成12年、ついに急性心筋梗塞を発症しました。意を決して労災申請に及んだ梅田さんに対し、国は、被ばくと急性心筋梗塞との因果関係を否定して救済を拒みました。

弁護団では、梅田さんの労災不支給決定の取り消しを求め裁判を提起すると共に、支援の会と協力し、全ての原発労働者の救済を目指す取り組みを行っています。

全国B型肝炎訴訟

1. 全国B型肝炎訴訟とは
日本では、1948年以降、全ての国民・住民が法律(予防接種法等)によって、幼少期に集団予防接種を強制させられてきました。そして集団予防接種の際の注射器の連続使用によって、40数万人(国の推計)もの国民・住民がB型肝炎ウイルスに感染させられました。これら感染被害者はこれまで国からの何の救済も受けることなく、将来の発症の不安(キャリア)や、慢性肝炎・肝硬変・肝がんの病気で苦しんできました。これらの被害者が国の法的責任に基づく損害賠償等を求めた裁判が全国B型肝炎訴訟です。

2. 弁護団の取組み
2011年6月23日、弁護団と国との基本合意の締結およびこれを受けた特別措置法の成立により、各被害者が個別に国を提訴して和解をすることによって病態に応じた金額の給付金の支給を受けることができるようになりました。弁護団は、①被害者の全員救済に向けての個別和解手続の他、②基本合意を締結した立場に基づき、未提訴被害者への本件司法救済制度の周知・相談・提訴による、被害者の全員救済に向けての広範囲の活動③全てのウイルス性肝炎患者の恒久対策の活動④本件の真相解明等のための活動などに取り組んでいます。全国各地に弁護団が組織されていますので、提訴をお考えの方、ご相談されたい方は、全国弁護団のホームページより各地弁護団の連絡先をご確認のうえお問い合わせ下さい。

HPVワクチン薬害訴訟

薬害HPVワクチン訴訟は、子宮頸がんの原因ウイルスであるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染予防の目的で開発されたワクチン(ガーダシル・サーバリックス)を接種し、副反応被害を受けた女性たちが国と製薬企業に対し慰謝料の支払いを求める集団訴訟です。2016年7月27日、第1次提訴をし、福岡のほか東京、大阪、名古屋の4地裁で裁判が係属しています。

副反応被害を受けた女性たちの多くは接種時に未成年で、多様な症状のため学業に支障を来したり、将来の選択の変更を余儀なくされるなどその被害は深刻です。原告団・弁護団は、副反応被害を受けた女性たちの日常を取り戻すため、国と製薬企業に対し原因究明、治療法の確立、医療体制の整備、再発防止等を訴えています。詳細については、弁護団のホームページをご覧下さい。

家族による「らい予防法」違憲国賠訴訟(ハンセン病家族訴訟)

日本には、1907年以来続いたハンセン病患者への強制隔離の歴史がありました。ようやく1996年3月ハンセン病患者への隔離政策を定めた「らい予防法」が廃止され、2001年熊本地裁で「らい予防法」が違憲であること、「らい予防法」の見直しを怠った国と国会の責任が認められました。国はこの判決を受け入れ、時の首相及び厚生労働大臣による謝罪、衆参両議院による謝罪決議を経て、ハンセン病元患者らへの補償制度などを定めるいわゆるハンセン病問題基本法が施行されるに至りました。

他方ハンセン病元患者の家族に対しては、補償は定められず、国も家族に対し直接謝罪するには至っていません。しかし元患者の家族は、国の強制隔離政策によって家族との離別を余儀なくされたり、差別を受けたり、周囲に家族の存在を明らかにできなかったりと、強制隔離政策は元患者の家族の人生に大きな被害を与えました。

こうした元患者の家族による被害を明らかにし、被害の回復を求めるため、2016年2月15日、3月29日、国を相手に熊本地裁に対し元患者の家族595名が損害賠償請求を提起しました。原告団・弁護団は、ハンセン病元患者、元患者家族に対する差別偏見の解消を含めたハンセン病問題の最終解決を目指し、この訴訟を戦っています。詳しくは弁護団のホームページをご確認下さい。

「よみがえれ!有明」訴訟

2010年12月6日、福岡高等裁判所は、国営諫早干拓事業によって締め切られた潮受け堤防排水門の開門を命じる判決を言渡しました。これにより、止まらない大型公共事業の典型とされた諫早干拓事業は大きな転換期を迎えることとなりました。

しかし、諫早干拓事業は、有明海に未曾有の環境破壊をもたらしただけではなく、漁業不振による地域社会の崩壊や事業をめぐる地域住民間の軋轢など、有明海沿岸の地域社会に大きな爪痕を遺しました。

現在も進められている開門に向けた関係者協議は、諫早干拓事業によって失われた有明海の環境を再生させるだけではなく、漁業も農業も防災も両立させ有明海沿岸の地域社会を再生させるための新たな取り組みとなっています。

吉野ヶ里メガソーラー発電所の移転を求める佐賀県住民訴訟

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵に位置する吉野ヶ里遺跡は、弥生時代の大規模な環濠集落(環壕集落)跡で知られ、その一部は国営公営(吉野ヶ里歴史公園)として保存されています。吉野ヶ里遺跡を我が国有数の貴重な遺跡たらしめている特徴は、そこに弥生時代だけでなく旧石器・縄文時代から平安・鎌倉時代までの遺跡が連続して複合遺跡として残されていることにあり、例えば、国営公園内北部と公園外北西・北東部にまたがる広範な地域には律令時代の郡官衙跡が存在しています。そのため、このような吉野ヶ里丘陵地帯一帯が「吉野ヶ里遺跡群」として極めて重要な考古学的価値を有しています。

この吉野ヶ里遺跡群は、佐賀県によって「神崎工業団地」として造成することが計画されていた土地であり、1982年には文化財予備調査が開始され、地元の遺跡保存運動をよそ目に着々と着工準備が進められていましたが、1989年1月、吉野ヶ里遺跡と魏志倭人伝との関連が大きく報じられたことから保存運動は全国規模に拡大し、佐賀県も造成工事を凍結し、一部を国営公園、県営公園として保存せざるを得なくなりました。

しかし、2011年3月11日、東日本大震災に引き続き福島第一原発事故が発生したことを受けて、佐賀県は、工業団地跡地にメガソーラー発電所を誘致する計画を打ち出し、再生可能エネルギーブームに乗せて一気に造成工事を行い、2013年7月、吉野ヶ里遺跡群のほぼ中央に16ヘクタールものメガソーラー発電所が建設されました。

この造成工事によって、工業団地としての開発を前提に虫食い的な調査しか実施されていなかった広範な土地が造成され日本有数の遺跡が破壊され、また、佐賀県や神崎市、吉野ヶ里町が吉野ヶ里遺跡周辺の田園景観を保全するべく制定していた景観条例もむなしく、吉野ヶ里遺跡群の真ん中が無機質なソーラーパネルに覆い尽くされることになりました。

近時、メガソーラー発電所による景観の破壊が各地で問題となっており、すでに静岡県富士市、大分県由布市、長野県佐久市などでは自治体レベルでの規制に着手しています。破壊され失われた遺跡はもはや回復不可能であるが、吉野ヶ里丘陵に広がる豊かな歴史的景観、文化的景観を可及的に復元することはまだ可能です。

弁護団では、多くの佐賀県の市民の皆さんや全国の考古学を愛する市民、研究者とともに吉野ヶ里メガソーラー発電所の移転を求めて住民訴訟を行なっています。詳細については、弁護団のホームページをご覧下さい。

嘉麻市産業廃棄物最終処分場操業等差止仮処分・許可取消訴訟

福岡県嘉麻市熊が畑地区は、田や畑、緑も多く、生活用水に井戸水を使用する家庭なども残っている自然豊かな地域です。この自然豊かな熊が畑地区では、1990年頃から事業者が産業廃棄物最終処分場の操業を始め、現在も操業が続いています。

嘉麻市産業廃棄物最終処分場操業等差止仮処分・許可取消訴訟とは、事業者と更新許可及び拡張許可を出した福岡県を相手に、事業者が法律や指導指針などで要求されている展開検査(安定5品目以外の廃棄物が混入していないかを確認する作業のこと。)などを行っておらず、地域住民に健康被害が生じるおそれがあるとして操業の差止めや許可の取り消しを求めた裁判です。

差止仮処分については、2016年7月1日、住民らの申立を却下するとの決定がなされました。これについては、福岡高等裁判所に即時抗告を行いました。却下決定に屈することなく、周辺住民と差止めに向けた運動を継続し、闘っています。

直方駅舎取り壊し工事差止仮処分・公金支出差止住民訴訟

田川、飯塚など石炭産業で栄えた筑豊地域において、直方市は八幡製鉄所や若松などへの石炭輸送拠点として繁栄してきました。旧直方駅舎は、1910年に建築された木造駅舎ですが、その部材には1890年に竣工した初代博多駅の一部が移築された可能性も指摘されている稀少価値の高い鉄道文化遺産でした。

直方駅舎取り壊し差止工事差止仮処分・公金支出差止住民訴訟とは、100年以上の歴史があり、直方市のシンボルでもあった旧直方駅舎を保存・活用しようということで提起した裁判です。この裁判では、旧直方駅舎が産炭地の重要拠点として果たしてきた歴史的・文化的価値やその建築様式の芸術的価値を訴えてきました。

2013年11月26日、福岡地方裁判所は、私たちが訴えてきた文化財保護法違反、都市計画法違反、地方自治法・地方財政法違反の主張をいずれも退ける判断を下しました。しかしながら、その判決の中で旧直方駅舎の価値について裁判所は、「旧駅舎は相応の歴史的価値や一定の芸術性が認められていたと評価できるのであり、有形文化財と評価される余地はあった」と述べています。このように旧直方駅舎の価値を認めた点については一定の評価ができると言えます。

裁判では私たちの主張は認められませんでしたが、現在、一部文化的価値のある物として保存された旧直方駅舎の部材を用いて、旧直方駅舎を一部復元しようという動きが進んでいます。

中国人強制連行・強制労働事件福岡訴訟

1942年の閣議決定により中国大陸から約4万人の中国人が強制連行され、第2次世界大戦中、炭鉱・港湾など日本企業が経営する全国135の事業所で奴隷労働を強いられました。中国人強制連行・強制労働事件とは、生存している被害者たちが日本国と加害企業に対し謝罪と損害賠償を請求している事件です。

福岡訴訟では、田川と三池で強制労働させられた15名が、2000年5月10日、国と三井鉱山を相手に福岡地方裁判所へ提訴し、2002年4月26日、被告企業の損害賠償責任を認める画期的な勝訴判決が言渡されました。

しかしながら、福岡高等裁判所において、被告国の責任追及を主たる課題としてたたかわれた控訴審は、2004年5月24日、一審原告の請求棄却の判決が言渡されました。

なお、福岡地裁勝訴判決が中国全土に報道され、勇気づけられた被害者が各地で名乗りをあげ、新たな原告39名により第2陣福岡訴訟が提訴されました(1次提訴19名、2次提訴20名)。第2陣訴訟は、被告企業として三菱マテリアル(当時三菱鉱業)が追加されており、企業に対する責任追及としても幅を広げるものとなりました。

日本における一連の訴訟は、日中共同声明を理由に原告らの請求を棄却する2007年4月27日の最高裁判決によって終止符が打たれましたが、最高裁は、強制連行の歴史を正面から認め、「本件被害者らが被った精神的・肉体的苦痛が極めて大きかった一方、上告人(西松建設)は前述したような勤務条件で中国人労働者らを強制労働に従事させて相応の利益を受け、更に前記の補償金を取得しているなどの諸般の事情にかんがみると、上告人を含む関係者において、本件被害者らの被害の救済に向けた努力をすることが期待されるところである。」と付言しました。

このような付言を受けて、2009年10月23日、西松建設と被害者との間で和解が成立し、2016年6月1日には三菱マテリアルとの間でも歴史的和解が成立しましたが、強制連行を主導した国は依然として責任を認めていません。以下、三菱マテリアルの謝罪文をご紹介します。

第二次世界大戦中、日本国政府の閣議決定「華人労務者内地移入に関する件」に基づき、約39,000人の中国人労働者が日本に強制連行された。弊社の前身である三菱鉱業株式会社及びその下請け会社(三菱鉱業株式会社子会社の下請け会社を含む)は、その一部である3,765名の中国人労働者をその事業所に受け入れ、劣悪な条件下で労働を強いた。また、この間、722人という多くの中国人労働者が亡くなられた。本件については、今日に至るまで終局的な解決がなされていない。

『過ちて改めざる、是を過ちという。』 弊社は、このように中国人労働者の皆様の人権が侵害された歴史的事実を率直かつ誠実に認め、痛切なる反省の意を表する。また、中国人労働者の皆様が祖国や家族と遠く離れた異国の地において重大なる苦痛及び損害を被ったことにつき、弊社は当時の使用者としての歴史的責任を認め、中国人労働者及びその遺族の皆様に対し深甚なる謝罪の意を表する。併せて、お亡くなりになった中国人労働者の皆様に対し、深甚なる哀悼の意を表する。

『過去のことを忘れずに、将来の戒めとする。』 弊社は、上記の歴史的事実及び歴史的責任を認め、且つ今後の日中両国の友好的発展への貢献の観点から、本件の終局的・包括的解決のため設立される中国人労働者及びその遺族のための基金に金員を拠出する。また、二度と過去の過ちを繰り返さないために、記念碑の建立に協力し、この事実を次の世代に伝えていくことを約束する。

一覧に戻る