PRIVACY POLICY

個人情報保護方針

プライバシーポリシー

弁護士法人奔流は、個人情報の取り扱いに関する法令および国際基準に従い、個人情報の適切な収集、利用、保管及び提供等を行います。

  • 個人情報は直接本人から取得することを原則とし、本人の要請や同意がある場合、および法律相談業務ならびに委任事務処理の実施と適切な運用に必要な場合を除き、第三者から取得しません。
  • 弁護士法人奔流は、法令による義務がある場合並びに本人の要請や同意がある場合を除き、保有する個人情報(法令上の「保有個人データ」を含む、以下同じ)を第三者に提供しません。
  • 弁護士法人奔流は、保有する個人情報の性質にもとづいて、適正に取り扱うとともに、本人の個別の同意がある場合を除き、下記の利用目的の範囲を超えて取り扱いません。
    • 法律相談業務および委任事務処理の実施。
    • 再相談および問い合わせへの対応・便宜等、事務管理上必要な場合。
    • 弁護士法人奔流の業務実施状況を点検し事業活動の改善方を検討する場合等の基準資料としての利用。
    • 法令の規定に従い、提供または開示する場合。
    • 基本的人権の擁護と社会正義の実現等のために広く市民に周知する社会的意義がある場合、匿名化しあるいは統計化された個人情報(データ)について、法曹関係者・団体等への提供、および記者発表や出版物、ホームページ等での公表。
    • その他、弁護士法人奔流が主催・共催する行事の案内等の情報提供。
  • 弁護士法人奔流は、保有している個人情報について、本人からの開示請求があれば、速やかにコピーを交付してこれを開示します。ただし、その中に第三者に関する個人情報が含まれる場合には、当該部分を除外した上で開示します。
  • 弁護士法人奔流は、保有している個人情報について、本人からの訂正・追加・削除の請求、或いは利用上の停止・消去の請求等があれば、速やかにその必要性を判断した上で適切に対処します。
  • 弁護士法人奔流は、前記4及び5を含め、個人情報の取扱いに関する苦情の申立を受けた場合においては、速やかに個人情報保護審査委員会を開催し、適切に苦情の解決に努めます。
  • 弁護士法人奔流は、法令を遵守することはもとより、個人情報における自己情報コントロール権を最大限尊重して適正に個人情報を取り扱います。