SERVICE

取扱い事件

後見・財産管理

高齢等の理由によって判断能力が低下し、生じたトラブルでお困りでしたら、ご相談下さい。
また加齢や認知能力の低下に伴うトラブルを防ぐための手段として
財産を守り生活をサポートする成年後見制度の利用、任意後見、財産管理・身上監護契約
といった手段もありますので、お悩みがありましたらご相談下さい。

取扱内容の具体例

  • よく知らないまま高価な商品をたくさん買わされていたが、契約を取り消して代金を返してもらえないか?
  • 将来高齢になったときに財産を自分で管理できるか不安、信頼できる人に任せたい。
  • 認知症と診断された親に相続の問題が発生した。

手続や解決方法

  • 成年後見申立(補助・保佐・後見)
  • 任意後見契約の締結
  • 財産管理契約の締結
  • 示談交渉
  • 訴訟

弁護士費用の参考例

1. 成年後見開始申立 10万円~(税別)

2. 任意後見、財産管理・身上監護契約の締結 30万円~(税別)

※別途、継続的委託事務報酬として月額1万~10万円(税別)が必要となります。

一覧に戻る