相談申し込みはこちら

BLOG

ブログ

法人

事件の全体像を把握して最適な解決方法を探る広い視野を~月例 全弁護士会議(2018年4月)から~

当法人では、月に1度、所属する全弁護士(現在8名)が集まり、手持事件の報告や相談をする会議を行っています。当法人は福岡県下に3オフィスを構えており、他オフィスの弁護士と顔を合わす機会はあまりないため、普段会えない弁護士に相談したり近況報告をしたりできる貴重な機会となっております。

今月の会議では、スペシャルゲストとして当法人のOBである村山崇弁護士(宗像市役所前法律事務所)をお招きして、刑事弁護・弁護士倫理研修を行っていただきました。同弁護士は、弁護士登録以来、6年余にわたり当法人の直方、田川、飯塚の各オフィス(当時)に所属され、裁判員裁判を含めた刑事事件を多数、手がけておられます。

刑事弁護研修では、被疑者の要求に対し弁護士としてどう対応すべきか、被害者との示談交渉の進め方等、新人弁護士の私にとってはもちろん、他の弁護士にとってもきっと悩ましい問題につき、講義いただきました。

弁護士倫理研修では、和解における本人の意思確認の在り方等について、村山先生の体験談を交えつつ講義いただきました。

事件とのかかわり方について、依頼者の希望を聞くだけでなく、事件の全体像を把握して最適な解決方法を探る広い視野を持つことの重要さを感じました。

会議後の、こちらも毎月恒例となっているランチ会では、おいしいお食事とデザートをいただきながら、仕事の話やプライベートの話をして楽しく過ごしました。

弁護士 松嶋健一(朝倉オフィス)

2018-4-%e5%85%a8%e5%bc%81%e4%bc%9a%e8%ad%b03

Posted in 法人, 研鑽 コメントをどうぞ

全弁護士会議(10月)

弁護士法人奔流では、月に1回、土曜日の午前中に弁護士が集まって会議を開いています。
会議では、各自が受任している案件の相談や報告をし、弁護士全員で検討しています。
この会議は、新人や若手弁護士の研修の目的で開いているもので、外部から講師を招いてレクチャーを受けることもあります。
昨日は、当法人のOBである大竹健太郎弁護士(田川市役所前法律事務所)より、「夫婦関係における事件処理」についての研修を受けました。
大竹弁護士は、夫婦関係の事件処理を多く扱っているとのことで、経験に基づいてDV保護命令の申立から離婚成立後の注意事項までをお話いただきました。
大竹弁護士のお話を聞いた後は、全体でこれまでの事件処理を振り返っての意見交換もでき、とても勉強になりました。

また事務所訪問に来られた今年の司法試験合格者3名の方にも、一緒にこの研修を受けてもらいました。

会議後の恒例となっているランチは、合格者も一緒に事務所近くのお店で、ランチプレートとデザートを頂きました。
おいしいランチプレートの写真をとりそびれたので、写真はデザートです☆彡
img_4640
土曜日の朝の早起き(?)はなかなか辛いですが(笑)、充実した土曜日でした。

Posted in 弁護士法人奔流, 法人 4 Comments
2 / 212