BLOG

ブログ

Monthly Archives: 12月 2016

直方ご当地グルメ〜焼きスパ〜

テレビ東京で「孤独のグルメ」という番組があるのをご存知ですか?主人公が、仕事の合間に立ち寄ったお店で食事をする漫画です。

仕事で地方に出ると、せっかくなのでその土地のご当地グルメなるものを食べようと探しまわる(あるいは事前に調べている)方も多いのではないでしょうか。

私の事務所のある直方市にも直方ご当地グルメがあります。

その名も「焼きスパ」。

「焼きスパ」と聞いて、単にスパゲティを焼いただけでしょ、と言われるかもしれませんが・・・

どうも調べて見ると他の地域にも「焼きスパ」なるものはあるようですが、直方市の「焼きスパ」には「焼きスパ四ヶ条」なるものがあるのです。

一 スパゲティ麺を使うべし!

二 キャベツ、タマネギ、豚肉を入れるべし!

三 トマトケチャップベースのソースを使うべし!

四 麺や具材を焼くべし!

やはりナポリタンを焼いただけなのね、と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、みなさん焼いたナポリタンって食べたことありますか?

美味しいですよ!

ぜひ、直方に足を運んだ際には、一度「焼きスパ」を食べてみて下さい。

弁護士 渡邉敦史

Posted in 日々の雑感 コメントをどうぞ

冬の洗濯は大変ですね 〜平成28年12月の洗濯表示改正〜

弁護士の髙本です。

今年も残り2週間となり、寒さも本格的になってきました。

コートと手袋とマフラーが手放せません。

週末には、たまの晴れ間を有効に利用して、木枯らしが吹きすさぶ中、溜まりがち
な洗濯物をまとめて干しました。

私は、衣類のタグを確認しなければいけないとは思うんですが、何でもかんでも洗
濯機に放り込んで洗ってしまいます。

パッと見ただけでは、マークの意味がよく分からなかったりするんですよね。

そんな衣類等の繊維製品の洗濯表示のマークですが、平成28年12月1日から、新しくなりました。

今回の改正によって、洗濯のしかた、漂白のしかた、乾燥のしかた、アイロンのか
けかた及びクリーニングに出すときの種類について、より細かな表示がされること
となりました。

以下の『消費者庁「家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正に
ついて」別紙』をご参照ください。

%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%89%e6%b6%88%e8%b2%bb%e8%80%85%e5%ba%81%e5%88%a5%e7%b4%99
 

これから印刷される衣類等には、このような新しい表示が記載されるようです。

経済産業省や消費者庁のサイトに詳細が載っていますので、ぜひ、確認してみてく
ださいね。

Posted in 法律・法制度・手続き コメントをどうぞ

NPO法人患者の権利オンブズマンにて宅話

2016年12月11日、患者の権利オンブズマンにて、市民相談員の皆さんを対象に成年後見制度についてお話をさせて頂きました。

最近成年後見という言葉は耳にされると思いますが、実際どういう方が利用するのか、後見人はどのような人がなるのか、その業務内容は、また全国、福岡県内における成年後見制度の利用状況など説明しました。

参加者の皆さんからは、実際にはどのようなきっかけで利用することになるのか、後見人になるとどのようなことができるのか、など質問もたくさん頂き、議論が盛り上がり有意義なものとなりました。

ご家族や身近な方の成年後見制度を考えるきっかけとなって頂ければ幸いです。

 

(担当)弁護士 池永真由美

img_0083

Posted in 市民活動 コメントをどうぞ

事務所内研修

12月2日、当事務所において、事務所内研修が行われました。

今回の研修は、司法書士の岩下透先生をお招きして、戸籍の読み解き方や相続法についてご講演頂きました。

岩下先生には、旧法時代からの戸籍法や相続法について重点的に解説して頂き、戸籍制度や相続制度を体系的に理解することができました。今回の研修で学んだことは、相続財産となっている不動産の名義が旧法下の時代から変更されていない場合などに必要不可欠な知識であり、今後相続の相談を受けた際には旧法の適用がないか意識して取り組むことができるようになりました。

また、今回の研修には、当事務所のスタッフだけではなく、以前当事務所に在籍していた先生方や事務員の方々にも参加していただきました。

cimg1340
研修の後には、懇親会も開催され、多くの先生や事務員の方々が参加されました。

懇親会では、当事務所の各オフィスから代表者1名、その他の事務所の方からはお一人ずつ挨拶をして頂き、今回の研修の感想やそれぞれの近況についてお話して頂きました。私も挨拶させて頂いたのですが、トイレから戻った直後に挨拶するよう言われたので、上手く話すことができず、この日はずっとトイレに行ったことを後悔していました(笑)。

今回の研修や懇親会では、戸籍・相続という弁護士をしている以上必ず関わる分野について見識を深めることができ、また当事務所以外の方々と交流することができ、とても充実したものとなりました。

弁護士 坂口

Posted in 弁護士の日常, 研鑽 コメントをどうぞ