BLOG

ブログ

弁護士法人奔流

残暑お見舞い申し上げます

昨年7月5日に発生した九州北部豪雨の爪痕も消えないまま、今夏、全国各地で悲惨な豪雨災害が発生しました。被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。
弁護士法人奔流法律事務所朝倉オフィスがある福岡県朝倉市では今なお幾つもの集落が復旧されないまま取り残されており、多くの方々が先行きの見えない避難生活を余儀なくされています。朝倉市は、本年3月、朝倉市復興計画を公表しましたが、ロードマップでは本格復旧は来年度以降の計画となっています。すでに被災された住民の中には帰還を諦める声も上がっており、帰還を希望する住民が3割程度にとどまる集落もあります。このような不安の声に耳を傾けつつ、私たちも仮設住宅での法律相談などの支援活動を続けて参ります。
毎年のように繰り返される悲惨な災害、その被害に学びつつ、私たちの社会を前進させていかなければならないのだと思います。
あの東日本大震災と福島第一原発事故から7年が経過した本年3月23日、玄海原発3号機が再稼働されました。昨年末に明らかになった神戸製鋼所や三菱マテリアルのデータ改ざん、その製品が玄海原発にも使用されていましたが『自主調査』によって安全性が確認された末の再稼働でした。ところがその再稼働から僅か一週間後、腐食した配管からの蒸気漏れが見つかり発送電が停止されました。私たちが福島の被害を忘れるとき、被害はまた繰り返される、福島の方々のお話を伺う度に、私たちの今の暮らしも紙一重の幸運の上に成り立っているのだと痛感します。
3年前にドイツの建築家とお話しする機会がありました。そこに暮らす市民ひとりひとりが尊重されるドイツの都市計画に感銘を受けた私が「さすが原発をやめる国のまちづくりは違いますね」と感想を述べたところ、「市民がまちづくりをする国だから原発もやめられるんですよ」と笑われました。確かにそうですね(笑)。諦めることなく、市民ひとりひとりが主人公になれる社会を展望して前進していきたいと思います。
記録的な猛暑が続いていますが、皆様、くれぐれもお身体をご自愛ください。

代表社員弁護士 池 永  修

Posted in 弁護士法人奔流, 挨拶, 法人 コメントをどうぞ

120年ぶりに債権法(民法)が改正(2020年4月施行)~6/12職員研修を実施~

かねてより当法人では事務職員全員参加の研修を定期的に実施しており、昨年からはさらなるスキルアップを目的とした応用研修を2カ月に1回のペースで実施しております。

今年度2回目の研修では、120年ぶりに改正となる民法の債権関係規定のうち、消滅時効制度の変更点について研修しました。
研修講師は、当法人所属の弁護士。作成された資料に沿って解説を聴きながら、最後には全員で事例問題を解くというものでした。
『債権の種類が変わるってどういうこと?』
『中断、更新、停止、完成猶予?』
ひとつひとつ弁護士の説明を受けている時は分かっているつもりですが、いざ、自分の頭で整理しようとすると、文字通り頭をかかえてしまいます。そして質問して解説を受けても、すぐに新たな疑問が湧いてきます。同様に他の職員からも多くの質問が出ました。
現在取り扱っている案件にあてはめて全員で検討するなど、とても予定時間では足りない、まだまだ話は続きそうな雰囲気の研修会となりました。引き続きの研鑽が必要だと感じました。
なお、民法の一部改正については、法務省のホームページでも概要が説明されており、パンフレットもダウンロード出来るようになっていますので、皆さんも一度見られてはいかがでしょうか。

法務省ホームページ
http://www.moj.go.jp/content/001254263.pdf

施行は来年4月とのことですが、改正点についてのお問い合わせや個別のご相談は、当法人において弁護士が詳細にお答えいたしますので、お問い合わせまたは相談ご希望の際には、お近くのオフィスまでお電話ください。

朝倉オフィス 事務局

Posted in 法人, 法律・法制度・手続き, 研鑽 コメントをどうぞ

初心に立ち返り、そして新たなステップを~当法人設立13年目、弁護士法人奔流総会を開催~

4/13、当法人の社員総会(全員総会)を行いました。

当法人では、社員弁護士と事務局長が参加する法人運営会議、弁護士のみ参加する全弁護士会議、事務局のみ参加する職員部会等を定期的に開催して日常の法人運営を行っておりますが、総会は、年1回、当法人に所属する弁護士・事務局の全員が参加する会議です。

昨年度の決算報告に始まり、今年度の事業計画や予算案の検討、各オフィスからの報告等、審議の上、全ての議案について承認がなされました。

地域に資する取り組みとして、朝倉・杷木での災害復興ボランティアへの参加や、無料法律相談会の開催といった企画についても振り返りました。

これらの企画を、より良い形で継続していく事が一つの目標であり、課題と考えます。

初心に立ち返ると同時に、新たなステップへと移りながら、地域の方々に、悩みを相談できる法律事務所の存在を知っていただく事に重点を置いた活動を続けたいと考えております。

和やかな雰囲気のもと閉会した後は、焼肉屋にて懇親会を行い、美味しいお料理をいただきながら意見交換をしました。

この総会をもって、今年度の活動も、正式にスタートです。これからも、所員全員の力で、皆で一緒により大きく成長していきたいと思います。

弁護士 髙本 稔久(宗像オフィス)

Posted in 弁護士法人奔流, 法人 コメントをどうぞ

事件の全体像を把握して最適な解決方法を探る広い視野を~月例 全弁護士会議(2018年4月)から~

当法人では、月に1度、所属する全弁護士(現在8名)が集まり、手持事件の報告や相談をする会議を行っています。当法人は福岡県下に3オフィスを構えており、他オフィスの弁護士と顔を合わす機会はあまりないため、普段会えない弁護士に相談したり近況報告をしたりできる貴重な機会となっております。

今月の会議では、スペシャルゲストとして当法人のOBである村山崇弁護士(宗像市役所前法律事務所)をお招きして、刑事弁護・弁護士倫理研修を行っていただきました。同弁護士は、弁護士登録以来、6年余にわたり当法人の直方、田川、飯塚の各オフィス(当時)に所属され、裁判員裁判を含めた刑事事件を多数、手がけておられます。

刑事弁護研修では、被疑者の要求に対し弁護士としてどう対応すべきか、被害者との示談交渉の進め方等、新人弁護士の私にとってはもちろん、他の弁護士にとってもきっと悩ましい問題につき、講義いただきました。

弁護士倫理研修では、和解における本人の意思確認の在り方等について、村山先生の体験談を交えつつ講義いただきました。

事件とのかかわり方について、依頼者の希望を聞くだけでなく、事件の全体像を把握して最適な解決方法を探る広い視野を持つことの重要さを感じました。

会議後の、こちらも毎月恒例となっているランチ会では、おいしいお食事とデザートをいただきながら、仕事の話やプライベートの話をして楽しく過ごしました。

弁護士 松嶋健一(朝倉オフィス)

2018-4-%e5%85%a8%e5%bc%81%e4%bc%9a%e8%ad%b03

Posted in 法人, 研鑽 コメントをどうぞ

全弁護士会議(10月)

弁護士法人奔流では、月に1回、土曜日の午前中に弁護士が集まって会議を開いています。
会議では、各自が受任している案件の相談や報告をし、弁護士全員で検討しています。
この会議は、新人や若手弁護士の研修の目的で開いているもので、外部から講師を招いてレクチャーを受けることもあります。
昨日は、当法人のOBである大竹健太郎弁護士(田川市役所前法律事務所)より、「夫婦関係における事件処理」についての研修を受けました。
大竹弁護士は、夫婦関係の事件処理を多く扱っているとのことで、経験に基づいてDV保護命令の申立から離婚成立後の注意事項までをお話いただきました。
大竹弁護士のお話を聞いた後は、全体でこれまでの事件処理を振り返っての意見交換もでき、とても勉強になりました。

また事務所訪問に来られた今年の司法試験合格者3名の方にも、一緒にこの研修を受けてもらいました。

会議後の恒例となっているランチは、合格者も一緒に事務所近くのお店で、ランチプレートとデザートを頂きました。
おいしいランチプレートの写真をとりそびれたので、写真はデザートです☆彡
img_4640
土曜日の朝の早起き(?)はなかなか辛いですが(笑)、充実した土曜日でした。

Posted in 弁護士法人奔流, 法人 4 Comments